上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 この記事に拍手する
2015.12.29 とりあえず
最近、育児に追われてますが、年末です。
おかげ様で、愛娘もすくすく育ち、愛猫も元気です。
大掃除もひと段落したら、写真撮って載せたいと思います。

by 旦那
 この記事に拍手する
スポンサーサイト
本日平成27年9月13日出産を終え母子共に病院を無事退院しました!

出産日は平成27年9月8日午前3時33分、出血は多かったものの1時間半という超スピードにて出産
赤ちゃんの体重は2642gの女の子で大体予測通りの安産となりました

具体的な出産に関する記事は後々出産レポートとして書きたいと思います

 この記事に拍手する
38週が目前に迫り体が小さい今のうちに赤ちゃんを産んでしまいたいという気持ちが
徐々に強くなってきました
そして夜間、日中を通して陣痛や破水が起きないか夫婦で戦々恐々な日々…
といってもおしるしのような兆候も一切ないのですが
安静も解除されたので歩きたいところですが外は天気も悪いから難しいものです

そしてここにきて最近妊娠時期のマイナートラブルが発生してきました

まずは昨日の朝方になるのですが右腰あたりに刺すような痛みが発生
ついに陣痛か!?と焦ったけれど1,2分たっても一切収まる気配なし
おまけに寝返っても痛みは治まらず逆に傷みは増すばかり

痺れを切らし枕元のスマホでググったらどうやらただの腰痛だったようで
あまり普段から酷い腰痛を味わったことがなかっただけに酷く混乱しました

しばらくするとじっとしていると自然と収まったので目が覚めた主人に相談し
擦ってもらうと患部が熱を持って硬直していた模様
どうやら扇風機の風で冷えてしまったんだろうなという結論におちつきました


他にも37週を過ぎてから生理の時のような不規則な下腹部の違和感も
まれに発生していたりそろそろなのかなーと勝手に思っているんですが
陣痛はお腹の中の赤ちゃんの都合次第なのでいつ起こるのか
まったく予想できないのが辛いところであります

そういえば話は変わり先週の土曜日になるのですがお世話になっている産婦人科の
パパママスクールに行って来ました
行ったことは出産における教本の読みあわせと旦那様に妊婦体験をしてもらったりなど
たいしたことではありませんが出産をまじかに控えているのでいつもより真剣になりますね

入院中からお世話になっていた看護師さんに帰りがけに呼び止められ
37週も過ぎたしいつでも待ってるよといってくれたのが印象的でした
 この記事に拍手する
昨日退院後はじめての妊婦検診がありました

はじめに受けたのが骨盤のレントゲン、このレントゲン37週の妊婦さんはみんな受けるとのこと
骨盤の大きさと胎児の頭が通るのか確認するらしい
私の場合身長も低いし赤ちゃんは頭が大きめと言われていたので前々から気にはなっていた
もしここで通りそうもないと帝王切開になってしまうのだがなんとか通りそうだということでパスされた

次にNST、私はここではじめての体験をする
入院しているときはリクライニングベッドの頭を上げて更に横向きで計測していたのだがこの日はなんとなく仰向けで計測をした
そうしたら呼吸をしているのにも関わらず徐々に意識が遠退いていく感覚に襲われる
たまらず看護師さんに伝えて横向きになったのだけどこれがいけなかった
私の血圧は下がりNSTで計測中の赤ちゃんの心拍も下がってしまったのだ
その後エコーと内診を受けたのだけどNSTのみ再計測となり本日受け異常なしとのこと
仰向けになると赤ちゃんの重みで私のお腹の太い血管を圧迫することになるんだけどまさかその事であんなに気分が悪くなるとは思わず油断していました
ほんとあの時は死ぬかと思った(笑)

さてさて、話は戻りますが肝心の赤ちゃんの大きさは2600gになり、子宮口も1.5センチほど開いているとのこと

私の体格からいっても3000gを越えると難産になるだろうとのことでこれからは身体を動かしてと言われ無事安静解除となりました
ついでに退院して一週間で体重も1キロほど急に増えてしまったので早めに生まれてきてくれるといいなと密かに思っています
 この記事に拍手する
本日ようやく37週目を迎え、張り止めの内服も終わりました
今日から早産という文字からは解放され通常のマタニティライフに戻るわけですが思い出してみればこのマタニティライフも長かったような短かったような微妙な感じで不思議なものです

でもまぁ、主治医の先生からはお腹の赤ちゃんも小さいし、木曜日の検診までは大人しくしててねと言われているので通常というのも若干おかしい訳なのですがw

しかし木曜日が過ぎたらきっと陣痛を起こすためにどんどん歩いて身体を動かしてねと言われるんでしょうね
これが切迫早産で安静を言われていた妊婦の辛いところだと思います
そもそも1ヶ月以上ベッドのうえにいたため体力もないですし、実際大きなお腹で立ち上がるのも一苦労って感じなのに
早く普通の生活に戻りたいなと様々な出産レポートを読みながら思います


そういえば出産のための入院道具を旦那様にまとめてもらいました
本当は自分でやりたかったんですけどまだ大人しくしていないといけないってことで…
おまけに心配性の旦那様は独自で入院までの流れをまとめてくれました
こういうのってあるのとないのとでは具体的なイメージトレーニングに繋がるので大きいですね
優しい旦那様に感謝、感謝
 この記事に拍手する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。